スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトウェア開発の名著を読む

古人の跡を求めず、古人の求めたるところを求めよ。
松尾芭蕉
私の場合、電車の中では読書、駅までの徒歩時間はipodが通勤時のお供になっています。本は通勤時間以外はほとんど読まないのですし、速読ができるわけでもないですが、積もり積もれば結構本は読んでる方かもしれません。

さて、ちょっと前に話題に、これを読んでおくと読書スピードが速くなる。自己啓発書編。ついでに知的生産編 (俺と100冊の成功本)という記事が話題になっていました。
こちらの著者の方は、ものすごい勢いで本を読まれていますが、そのコツというか理由のひとつが、
  • 大抵の本には引用等で重複するところがある
  • すでにその話を知っていれば、その部分は読み飛ばせる。
  • だから、多くの本で引用されるような書籍を押さえておくと、他の本も早く読める
という話。確かに一理ありますね。
ということで、ここでは、自己啓発書の定番書籍として「人を動かす」「7つの習慣」「思考は現実化する」他数冊が紹介されています。これらを読んでおけば、他の自己啓発書を読む時の基本知識になるということですが、何より良い書籍なので、とにかく読んでおいて損はないでしょう。私もいづれ読もうと思っていて結局読んでいなかった書籍なので、これを機会に読み始めました。

4774140171 さて、私の場合、上のような自己啓発書も読みますし、小説やノンフィクションも読みますが、仕事柄ソフトウェア開発関連の書籍を読むことが多いです。では、ソフトウェア開発関連の場合、どういった本が定番なのでしょうか。私自身ソフトウェア開発本はいろいろと読んでいるので、いくつもおすすめしたい本はありますが、今回は「ソフトウェア開発の名著を読む (技評SE選書)」という本を紹介します。古今東西のソフトウェア開発の名著から8冊を選んで紹介している書籍です。新書なのですぐ読めますし、手軽です。
この本は古典を読む際のカタログ・道しるべとしても有用ですが、この本自体、名著とされる書籍の内容からかいつまんだエッセンスが書かれていますので、基本的な考えを知る上で非常に有益でしょう。

さて、この本で紹介されているのは8冊で、それぞれ概要は以下の通り。

プログラミングの心理学―または、ハイテクノロジーの人間学 ジェラルド・M. ワインバーグ
ソフトウェア開発の人間的側面に初めて正面から取り組んだ、ワインバーグの古典的作品。

人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾はない フレデリック・P. ブルックス
見積もりとスケジューリングの単位のしての「人月」の危険性を指摘した不朽の名著

ピープルウエア トム・デマルコ ティモシー・リスター
ソフトウェア開発における人間的側面を重視し、人間中心に考えることとの大切さを説く

デッドライン―ソフト開発を成功に導く101の法則 トム・デマルコ
人間中心のプロジェクト管理について、デマルコが小説形式で表現した異色の作品

ソフトウェア職人気質 ピート マクブリーン
ソフトウェア開発を「工学」ととらえることをやめて、「職人気質」という基本に回帰せよと提唱する

達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道 アンドリュー・ハント
「割れ窓理論」「DRY原則」など、実践的なプログラマーとなるためのアドバイスを網羅

Code Complete ― 完全なプログラミングを目指して スティーブ・マコネル
より優れたコードを書くためのガイドラインを提供する、プログラマー必読の書

プログラミング作法 ブライアン・カーニハン ロブ・パイク
プログラマーにとって基本的かつ不可欠なことが述べられているが、すべてマスターしている人は意外に少ない

どの本も、特定のプログラミング言語に特化した話や細かいテクニックについて書かれているようなものではなく、ソフトウェア開発あるいはプログラミングに共通した内容になっています。分野によらず、今からプログラマを目指そうという人はもちろん、経験を積んだ技術者にも非常に有用な内容です。「ピープルウエア」等は、現場のプログラマだけでなく、むしろマネージャレベルの人に読んでいただきたいものです。

ちなみに、実際、私が通読したことがあるのは、「ピープルウエア」だけで、他の本は、直接読んだことはありません。しかし、その内容はいろんな書籍で引用されていますので、この本で紹介されていたような内容は、直接読まずとも知っていました。そういう意味では、先にこれらの本を読んでいれば、他の本を読んだりするときの理解の助けになったのかなとは思います。

なお、当たり前ではありますが、別に「本を早く読むこと」自体に価値はありません。その内容を理解し、実践することが大切です。私自身もそうですが、「ふむふむ」というのは誰もが感じることですが、なかなか実行にまで移す人は少ないものです。まずは実践。多くの本を読むよりは、そのほうがよっぽど大切です。

ちなみに、プログラマの場合は、技術書だけでなくソースコードを読むことも大切なスキルアップの手段です。同じように、定番のソースコードなんかもあるとは思いますので、また紹介できたらよいなと思います。まずは、LinuxやBSDのカーネル、Apache/X Windowなんかの有名どころのオープンソースが定番なのかな。おすすめあったらコメントやTBででもぜひ教えて下さい。

【関連記事】
C++関連書籍

【関連書籍】
ソフトウェア開発の名著を読む 【第二版】 (技評SE選書) 柴田 芳樹
改訂新版 コンピュータの名著・古典100冊 石田晴久 青山幹雄 安達淳
SEの読書術―「本質を読む」力を磨く10の哲学 浅海智晴/荒井玲子/後藤大地/柴田芳樹 他
Code Reading―オープンソースから学ぶソフトウェア開発技法 まつもとゆきひろ 平林俊一
ソースコードリーディングから学ぶ Javaの設計と実装 WINGSプロジェクト 佐藤匡剛 山田祥寛

【関連リンク】
これを読んでおくと読書スピードが速くなる。自己啓発書編。ついでに知的生産編 [俺100]
人力検索はてな - あなたが読んでためになった、またはプログラマなら読んでおくべきだと思うソースコードはなんですか?



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

著者の柴田芳樹です。紹介ありがとうございます。

松尾芭蕉の言葉がいいですね。気に入りました。

コメントありがとうございます

>柴田さん
著者の方から直接コメント頂けるとは思っていませんでした。光栄です。本書は大変たのしく読ませて頂きました (^^)。

本文にも書きましたが、どれも名前は知っている書籍ばかりでしたが、直接読んだことのない本がほとんどでした。本書を読んで、あらためて読んで見たくなりますので、持っている人に借りたりして読んでみようかと思います。
名著と呼ばれるだけあって、これらの本は職場であたりを見回すと誰かしらの机の上や棚に置かれていますので。 :-P

これからのご活躍も期待しております。

もっとも読みやすいのは、『デッドライン』かと思います。きちんと読むということで最も時間がかかるのは、『プログラミング作法』と『コードコンプリート』ですね。

いいですね

松尾芭蕉のように旅に出るのもわるくないな~~なんて読んでいたら思いましたね^^

本当にこの人のいき方にはあこがれます。。
人気エントリ
最近の記事
本のおすすめ

4274065979

4844337858

482228493X

4904807057

4873114799


最近のコメント
Links
プロフィール
  • Author:proger
  • 組み込み関係で仕事してます
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。