スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleトレンドで見るバスワードの盛衰 - ユビキタスからIoTへ

怪しげな新興宗教の大半は、「目を覚ませ」と怒鳴りながら、
信者たちの目を瞑ったままにさせようとする。
ラッシュライフ』 - 伊坂 幸太郎

ここしばらく、といっても、かれこれ1,2年くらい頻繁に目にするようになったバズワード「IoT」, Internet of things, 日本語でいうところの「モノのインターネット」。今まではネットワークに接続されていなかった「モノ」が、ネットワーク、インターネットにつながり情報をやりとりすることで、新たな価値を生み出そうというもので、その「モノ」だけでなく、それらを利用したサービスやら、それを実現するための要素部品まで、あちこちで見かけます。なかには、もともとネットワークにつながっていたようなデバイスもIoTの仲間に入れられたりして、もうネットワーク機能がついたものなら何でもIoTという感じです。

思えば、一昔前に、クラウドというキーワードがもてはやされた頃、ネットワークを介してつながるサービスはなんでもかんでも「クラウド」とつけられて、「クラウドさえあれば何でもできる」みたいな風潮があったころを思い出します。 もちろん、IoTにせよ、クラウドにせよ、大きなイノベーションだと思いますが、本来の意味以上の拡大解釈とともに乱用されるさまは、まさにバズワードという感じです。

さて、Googleが提供しているサービスにGoogle Trends (グーグルトレンド)というのがあるのをご存知でしょうか。マーケティング等にかかわっている方は、よく使われているかもしれません。ある単語がGoogleでどれだけ検索されているかというトレンドをグラフで見ることができるツールで、話題のキーワードやその推移をみることができます。IoTっていつ頃から使われ始めたんだろう?というのを調べようと使ってみたのですが、いろいろ他のバズワードやキーワードも見てみると。結構面白かったのでいくつか紹介したいと思います。

ユビキタスからクラウド、IoTへ

カタカナ語と英単語がまざっているので、この結果は地域=日本に限定しています。

ubiquitous-web2_0-cloud-sns-iot.png

一昔前に一斉を風靡したバズワードといえば「ユビキタス」。私が社会人になった当時、これからはユビキタス社会だ!と言われていたのを思い出します。最近ではめっきり使われなくなったように思いますが、検索結果にもそれがあらわれていますね。
「IoT」については2014年あたりから伸びてきているのがわかります。「SNS」については、意外と結構前から検索件数としては多いのがわかります。カテゴリ限定していないのでノイズもあるとは思いますが。
なお、少し前から「スマートxxx」という単語もよく使われるようになっていたので、「スマート」もまぜてみようかと思ったのですが、単語が一般的すぎていまいちでした。そのかわりに「Web2.0」というこれまた一斉を風靡したキーワードをまぜてみました。2006-2007年をピークに減ってきて、最近ではめっきり使われなくなりましたね。

モバイルOS

スマートフォン向けOSの検索結果。今回は地域限定なしの結果です。
smarphone-os-share.png

これはあくまでGoogleでの検索数ですので、これがそのままマーケットシェアとイコールではありません。iOSについては、iPhoneやiPadという形で検索されることも多いのでその分少ないところはあるかもしれませんね。なお、マーケットシェアという点では以下の記事にグラフがありましたが、そんなにはずれてない気はします。 一時は企業用スマートフォンといえば、blackberryでしたが、最近ではAndroid, iOSにおされてすっかり低シェアになりました。world wideでみると今や1%以下のシェアのようですが、アフリカやアジアの一部ではまだ高シェアを保っているようです。 ナイジェリアでは40%もあるんですね。強いブランド力によってステータスシンボルであること、Blackberry Messenger(BBM)がキラーとなっていること、端末の更新頻度が低いことが寄与しているらしいです。自分たちの常識と、グローバル市場を十把一絡げの統計だけみていると、見えてこない事実があるという好例ですね。

Webブラウザ

比較といえば、やっぱりこれ。Webブラウザの比較です。
web browser google trends

これまた、検索数なのでシェアではありませんが、概ねシェアと連動してそうですね。実際のシェアはwikipediaにデータがありました。 これを見て驚いたのはアフリカの国々ではOperaがブラウザシェアNo.1だということ。貧弱なネットワークでは、Opera miniの圧縮転送がかなり重宝されているのがその要因だそうです。なるほど!

opera-stats.png

検索結果だけで全てが見えるわけではないですが、Googleトレンドはいろいろ比較するにはいいツールです。あれ?ということろは、違う角度でしらべると新たな発見もありましたし。今までほとんど使ってなかったツールですが、これからちょくちょく使っていきたいと思います。
B00SMGZ1UI
【関連記事】
【関連書籍】

コメント

非公開コメント

本のおすすめ

4873115655

4274065979

4822236862

4274068579

4822255131

B00SIM19YS


プロフィール

  • Author:proger
  • 組み込み関係で仕事してます

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。